S-Collection株式会社 WIN LIVEについて

S-Collection株式会社の「WIN LIVEプラン」

S-Collection株式会社の提供する大盛況イベントの裏にはスタッフの努力があった!

スタッフに直撃インタビュー!イベントが盛り上がるのはなぜ?

S-Collection株式会社は創業当初より「WIN LIVEプラン」の提案をとおして、企業様の「こんなイベントがやりたい」という想いに寄り添い、カタチにしてきました。
今回はイベントをつくるうえで欠かせない「スタッフ」にフォーカスします。2017年6月18日、渋谷にあるWOMBで開催されたライブイベントでスタッフをしていた方にインタビューをしました。スタッフがどんな想いでイベントに参加しているのかを紹介します。

1.やりがいを自ら見出し積極的に動くスタッフ

今回インタビューしたのは舞台裏、受付対応をしていたスタッフです。

①舞台裏のスタッフ
Q:舞台裏スタッフとしてのやりがいはどんなことですか?
A:スタッフの先輩方から仕事の早さや出演者への細やかな気配りが学べることです。Q:実際に舞台裏だとアーティストさんと話せる機会はありますか?
A:はい!今回芸人さんと話せる機会がありました。苦労したから今があるとおっしゃっていたのが印象的です。時間の関係で苦労話の内容までは聞けませんでしたが、その苦労や努力があって今があるんだと芸人さんの表情から伝わってくるものがありました。

②受付スタッフ
Q:受付のどんなところがやりがいでしたか?
A:WEBチケのイレギュラー対応がありましたが、突然の変更やマニュアルにないことが起こったときにどう対応するのかを学ぶことができました。スタッフにまかされていることが多いので自発的なスタッフが多く、いわれてやるというよりは自ら考えて動く力が身についたと思います。

2.スタッフの姿勢がイベントの要!

今回のインタビューをとおしてわかったことは、まずスタッフが主体的に動いているということです。それぞれの役割のなかでいい経験を積み、自分の成長につなげて、スタッフとして動く価値を自分で感じています。価値を感じるからこそイベントを盛り上げたいという気持ちが大きくなります。スタッフひとりひとりの熱意と行動が来場者、アーティストにも伝わって全体の一体感が生まれているのではないでしょうか。

また、トラブルが起きても迅速に対応し、イベントを成功させてみんなが楽しんで帰れるにはどうしたらいいかのみを考えて動いているスタッフばかりです。見えないところでスタッフが動いてくれているからこそ、アーティストの力も最大限発揮できて、来場者も楽しめる場ができ上がります。S-Collection株式会社の提供する「WIN LIVEプラン」ではスタッフにも「全員参加」の信念を浸透させています。今後も来場者や出演者、主催する企業様、およびスタッフも全員が楽しめて満足できるイベントを提案していきます。